ガイドライン案内 借主の負担単位 貸主・借主の負担区分の一覧表

■借主の負担単位

◎負担単位の定め方
 可能な限り、毀損等の部分に限定したもの補修工事の施工が可能な最小単位が基本

負担内容 部位 借主の負担単位 経過年数等の考慮






原則1枚単位 毀損部分が複数枚の場合はその枚数分 (畳表)
消耗品に近いものであり、経過年数は考慮しない。
カーペット
クッションフロア
毀損部分(単位は特になし) 毀損等が複数箇所の場合は、居室全体 (畳床・カーペット・クッションフロア)
6年で残存価値1円となるような負担割合を算定する。
フローリング 原則1坪単位
毀損等が複数箇所の場合は、居室全体
(フローリング)
補修は経過年数を考慮しない。(フローリング全体にわたる毀損等があり、張り替える場合は、当該建物の耐用年数で残存価値1円となるような負担割合を算定する。)





クロス






壁(クロス) 原則幅0.9m×壁の高さm単位
借人が毀損した箇所を含む一面分までは張替え費用を賃借人負担としてもやむをえないとする。
(壁・クロス)
6年で残存価値1円となるような負担割合を算定する。
タバコのヤニ 喫煙者により当該居室全体においてクロス等がヤニで変色したり臭いが付着した場合のみ、居室全体のクリーニングまたは張替費用を借人負担とすることが妥当と考えられる。









ふすま 1枚単位 (ふすま紙・障子紙)
消耗品であるため、経過年数は考慮しない。
1本単位 (ふすま・障子等の建具部分、柱)
経過年数は考慮しない。









設備機器 補修部分、交換相当費用 (設備機器)
※2 耐用年数経過時点で残存価値1円となるような直線(または曲線)を想定し、負担割合を算定する。



補修部分
紛失の場合は、シリンダーの交換も含む。
鍵の紛失の場合は、経過年数は考慮しない。交換費用相当分を借主負担とする。




クリーニング
※1 通常の清掃や、退去時の清掃を怠った場合のみ
部位ごと、または住戸全体 経過年数は考慮しない。借主負担となるのは、通常の清掃を実施していない場合及び清掃費用特約を借主が了解している場合。


  ※1通常の清掃とは、ゴミの撤去・拭き掃除・掃き掃除・水回りの掃除・換気扇やレンジの油汚れの除去等
  ※2主な設備の耐用年数
  A.耐用年数5年のもの、流し台等
  B.6年のもの、エアコン・冷蔵庫・ガス機器・インターホン等
  C.8年のもの、主として金属製以外の家具等(書棚・戸棚・タンス等)
  D.15年のもの、便器・洗面台等の給排水・衛生設備・主として金属製の器具・備品等
  E.当該建物の耐用年数が適用されるもの、ユニットバス・浴槽・下駄箱等(建物に固着して一体不可分なもの)
  ※国税庁ホームページで耐用年数(建物・建物付帯設備)参照

〈ページの最初に戻る〉